NSACエヌザック / Nihon Shimbun Ad Color / 日本新聞アドカラー

HOME > NSAC
トーン・アップは、
『NSAC2017』キットの製作会社です。
『NSAC2017』策定にあたり、
当社の“カラーマネジメント技術”が日本新聞協会に高く評価されました。
『NSAC2017』キットは、
当社の卓越した技術と最先端設備で製作を行っています。

NSAC2017

NSAC2017について

“新聞カラー広告”の色見本基準=NSAC(エヌザック)
2017年版はデジタル化・高精細化などの環境変化に適合

NSACは日本新聞協会、日本広告業協会、日本新聞広告製版会が共同で策定した“新聞カラー広告”の業界標準を定めたもので、新聞カラー広告の高品質化・安定化を実現することを目的としています。
前回のNSAC2006年版から11年が経過、その間に新聞製作工程はデジタル化や高精細化などの環境変化が進み、新聞紙面品質は大きく向上したので、今回のNSAC2017年版は最新の製作環境に適応したものを作成しています。

NSAC2017キット概要

【NSAC2017キット概要】

■ 標準キット 37,000円(税、送料別)
  • カラーチャート(デジタル印刷機出力)
  • 目視用ターゲット「人物」「静物」各1枚(デジタル印刷機出力)
  • 関連データ収録CD-ROM
■ オプション 25,000円(税、送料別)
  • デジタル出力デバイス確認用ターゲット「OptionA」「OptionB」各1枚(デジタル印刷機出力、データ付)
■ NSAC2017キット ご購入申込

http://www.pressnet.or.jp/adarc/edi/pdf/201301nsackit.pdf

NSACを安定供給するトーン・アップの技術力

新聞カラー広告の業界標準を作り出した当社の卓越した“カラーマネジメント技術”
ブレのない校正出力を提供する当社の最先端デジタル印刷機、“JetPress720S”

当社が100年余り培った新聞広告製版の技術や“カラーマネジメント”は、今回の『NSAC2017』更新で新聞カラー広告の業界標準を作る重要な役割を果たし、新聞広告協会により選定されました。
また、『NSAC2017』のキットにパッケージされている最先端のデジタル印刷機出力は、当社と第一製版が共同で運営する新虎スーパーラボのデジタル印刷機JetPress720Sを使用しています。
そのため当社は、NSAC2017準拠の校正出力を最高の精度で提供することができます。
JetPress720Sは、高精細で色安定性が唯一無二なデジタル印刷機で、長時間にわたる色味の安定維持、高い繰返し精度・印字精度により色再現のバラつきが無い等、高品質化をめざす「新聞カラー広告」の基準として最適な印刷機です。

JetPress720S
新聞社様向けの広告掲載色見本・出力サービスに関するご案内になります。サービス概要、導入メリット、料金などの詳細をご覧いただけます。
NSAC2017準拠の校正出力を行っている当社工場「新虎スーパーラボ」のご案内になります。JetPress720Sご紹介のほか、多数の設備を保有、様々な製作物に対応可能な工場です。

関連団体

< 日本新聞協会 >

日本新聞協会は、全国の新聞社・通信社・放送局が倫理の向上を目指す自主的な組織として、戦後間もない1946年7月23日に創立されました。
事務局を東京都千代田区内幸町におき、新聞倫理の向上、調査・研究活動、広報、教育・交流、企画・イベント、ニュースパーク(日本新聞博物館)の運営等を行っています。
URL:http://www.pressnet.or.jp/

< 日本新聞広告製版会 >

日本新聞広告製版会は、新聞広告を専門とする製版会社による全国組織の団体です。
新聞広告を「より速く、より確実に、より安全に、より美しく」を基本理念に、デジタル化など制作環境の変化に対応する活動を行っています。
URL:http://www.seihankai.jp/