Digital Send Creative Partnersとは

デジタルセンド・クリエイティブ・パートナーズとは、株式会社デジタルセンドが日本新聞広告製版会の会員会社の中から、新聞のデジタル送稿業務の技術的レベルを満たした会社に与えた称号のことです。当社では2003年に認証を取得し、以来安定したクオリティの新聞送稿を維持しています。

NSACとは

NSAC(エヌザック/日本新聞アドカラー)とは、日本新聞協会、日本広告業協会、日本新聞広告製版会が共同で策定した、新聞カラー広告の「色見本」のことです。新聞社ごとに異なる色基準の、高品質化・安定化の実現を目的としています。

また、当社は『NSAC2017』キットの製作会社です。2006年から11年ぶりに改訂されたNSAC2017の策定にあたり、当社のカラーマネジメント技術が日本新聞協会に高く評価され、色の要を担うこととなりました。NSAC2017キットは、当社の卓越した技術と、最先端設備で製作を行っています。

NSAC2017キット概要

[標準キット 37,000円(税、送料別)]
  • カラーチャート(デジタル印刷機出力)
  • 目視用ターゲット「人物」「静物」各1枚(デジタル印刷機出力)
  • 関連データ収録CD-ROM
[オプション 25,000円(税、送料別)]
  • デジタル出力デバイス確認用ターゲット「OptionA」「OptionB」
    各1枚
    (デジタル印刷機出力、データ付)

JAPAN COLORとは

印刷物の品質基準の“共通の指標”として、社団法人日本印刷学会が制定したオフセット枚葉用印刷における標準規格を「Japan Color」といいます。従来、できあがった印刷物の良し悪しは顧客の目によって決められていて明確な判断基準がなく、印刷物の発注者・デザイナー・カメラマンなどからの色再現の要求に、印刷会社が度重なる修正や刷り直しをして対応してきました。そこで、不要な修正や刷り直しを削減するために、発注者が標準的な基準値で指定した色を印刷会社が適切に再現できるよう、Japan Color認証制度が創設されました。

JMPAカラーとは

JMPAカラー(雑誌広告基準カラー)とは、雑誌広告の制作から送稿、印刷に至る全てのフローにおいて、デジタルプルーフを運用するための「色基準」のことです。日本雑誌協会(JMPA)が、広告会社、出版社、印刷会社と協力を得て策定し、基準となるベンダーキットを頒布しています。