広告製版
HOME > サービス紹介 > 広告製版
広告製版で培った長年のノウハウにより、
国内外のデジタル送稿や多種多様な印刷メディア対応、
カラーマネジメントのエキスパート集団です。

カラーマネジメントシステム

本来のカラーマネジメントとはカメラ、スキャナ、モニタ、プリンター、印刷機、用紙など異なるデバイス間の色管理のことです。しかし、広告製版会社としてのトーン・アップでは更にジャパンカラー(日本印刷学会及び関連業界により制定されたオフセット枚葉印刷における標準印刷カラー)、JMPA(日本雑誌協会/雑誌広告基準カラー)、NSAC(日本新聞協会/日本新聞アドカラー)や海外新聞雑誌の色基準であるSWOP、SNAP、FOGRAなど各種媒体のカラープロファイルにて管理・調整・出力(DDCP)が可能です。

検証システムで不備のない安全な送稿を実現

雑誌・新聞各社により定められた送稿規定に対応し、制限された環境の中で最善の品質を目指します。

AD-Checker、DS-Checkerによる検証により完全送稿データを作成。またJ-PDF送稿(雑誌)、N-PDF送稿(新聞)とともに主流となりつつあるオンライン送稿の実績も豊富です。カラーマネジメントにより、ご満足いただける掲載をお約束します。

ワンストップサービス

画像制作と広告製版、それぞれ専門的な知識や技術が必要とされ、本来別々の会社が作業していたリソースを一元管理することで、ビジュアル創造の総合プロデュースによりスムーズで高品質に、さらにコストを削減。RGBとCMYK、最終納品物に最適なカラーマネジメントなどグラフィックを知り尽くしたトーン・アップならではのサービスです。

新聞校正・送稿ゲラ印刷の内製化

当社は今後、新聞校正で主流となるデジタル印刷機JetPress720Sを導入しています。新聞校正・送稿ゲラ印刷業務を内製化することにより、品質・納期等、サービスの向上をはかり、お客様の安心・満足を実現します。